板金修理の種類と交換修理について

車の傷やへこみを修理する板金修理

板金修理と言葉だけ聞いてもピンとこない方は多いのではないでしょうか。板金修理は事故や衝撃、老朽化などで変形したボディーを修理する事です。この修理の軽度なもの、重度のもの、さらには修理ができない場合、それぞれを説明していきたいと思います。

軽度な場合の種類

車は大雑把に説明すると、フレームと呼ばれる頑丈な骨組みにエンジンなどの駆動装置やボディーの骨格である支持部を取り付け、さらに外側にパネルを取り付けて作られます。
軽度な修理はボディーの骨格にまで影響が及ばない程度の軽いへこみや傷を修理する板金修理です。
この修理は外についているパネルを内側から叩く、あるいは引っ張るなどして元に戻します。引っ張って戻す場合は溶接機械を使ったり、リベットなどを一時的に取りつけたりして修理します。
叩いたり引っ張ったりして修復するため、どうしても細かい凹凸が残ってしまいますが、それパテで埋めて表面を滑らかにし、ボディと同じ色で塗装するため、へこんだ跡は綺麗に修復されます。

大破などの損傷が激しい場合の修理

追突や事故などで車の破損が激しく、フレームやボディの骨組みにまで損傷やゆがみが発生した時の板金修理になります。特にフレームが歪んでしまった場合は真っ直ぐに走れなくなるなどの安全性にも多大な影響があるため、迅速に対応する必要があります。
また、フレームは車を構成する部品の中でも特に重要な部品でもあり、修理も大掛かりとなるため、修理費用はパネルのみの修理に比べかなり高額です。損傷が激しければ激しいほど修理費用は高額になってしまうため、修理するよりも車を新しく購入た方が安くつく場合もあります。
もちろん、こちらもパネルの修理同様フレームやボディ、外板を修理した後、表面を加工し、塗装を施しますので破損跡は目立たなくなります。

金板修理が難しい場合

破損が著しく激しく、部品を修理するよりも新品や中古部品に取り替えたほうが安価である場合や、錆や金属疲労など、金属の強度が劣化し、後々の安全性に問題がある場合など、板金修理が難しい場合は部品を交換する修理となります。
例えば、ドアの外板が広範囲にわたって凹んでしまっている場合などは、板金修理するよりも、車のメーカーが作っている部品に交換した方が修理が早くて安く済みます。
リアフェンダーなどボディに直接ついている類の部品は、溶接などの大掛かりな修理が必要となり、車を使用する環境によっては、溶接した部分に錆が発生しやすくなってしまうなど、あまり交換修理に向いていない部位もあります。
取り換え作業と板金修理か迷った場合は、修復する箇所がどちらが向いているかを調べたほうが良いでしょう。